信用情報が残らず、周りの人間にバレないという2点に限定すれば、現金化の方が優れています。

ネットでクレジットカード現金化を行う人
現金化と消費者金融どちらがいい?両者の特徴からお勧め調達法を伝授
消費者金融は借入れによる資金調達ですが、現金化は転売という形なので借入れではありません。現金化を利用しても信用情報に記録が残ることはなく、家族をはじめとして周りの人間にバレることもありません。

消費者金融とどっちがいいの?

個人が資金を調達する方法の中で、近年特に利用者を増やしているのが現金化です。
最近ではネット型の業者が普及してきたこともあって、利用者の層もかなり広がってきています。
ただし、個人の資金調達法ということで言えば、消費者金融の存在も忘れてはいけません。
ここでは、この両者を比較しながら、どちらがいい方法なのかを検討していきたいと思います。

 

消費者金融の特徴

消費者金融のメリット・デメリット

まず初めに消費者金融の特徴を簡単に紹介します。

 

1つ目は、借金という形で資金を調達するという点です。
借金ですから当然返済しなければなりませんし、利息の支払いも必要になります。

 

2つ目は、コンビニなどに設置してあるATMからいつでも現金を引き出せるという点です。
一部対応していない業者もありますが、大手であれば間違いなく対応しているので、ATMのある場所であれば24時間いつでもキャッシングを行うことができます。

 

3つ目は、厳しい審査があるという点です。
これは消費者金融に限りませんが、個人または法人に対して融資を行う会社(金融機関)は、融資の合否を決めるために厳しい審査を行います。

 

大まかに言うと以上の3点が消費者金融の特徴ということになります。

 

現金化の特徴

現金化の特徴とは

続いて現金化の特徴についても簡単に紹介します。

 

1つ目は、借金ではなく転売であるという点です。
現金化というのは、どのようなものを用いる場合でも、クレジットカードで購入したものを転売して現金に換えるという方法を取ります。
ですので、借金のように返済する必要もありませんし、もちろん金利も発生しません。

 

2つ目は、厳しい審査が無いという点です。
現金化業者は貸金業者ではありませんから、利用者を厳しい審査によって選別する必要がありません。
もちろん簡易な審査は行われますが、これは誰でも通るようなものなので、基本的には誰でも現金化を利用できると言って間違いありません。

 

3つ目は、24時間利用することができるという点です。
現金化は消費者金融と同様に、24時間いつでも利用することができます。
しかも、消費者金融の場合とは違ってATMを使う必要もなく、ネットで手続きを完了させることもできるのです。

 

以上が、現金化の主な特徴です。

 

消費者金融と現金化、どっちがいいの?

消費者金融と現金化にはそれぞれに異なる特徴があるため、一概にどちらがいいと決めるのは簡単ではありません。
ただ、以下のような点に限って言えば、現金化の方が優れているということができます。

 

1点目は、信用情報が残るかどうかという部分です。
信用情報とは、お金を借りた時の契約条件や返済状況などが記録されている情報のことで、消費者金融の場合には借金ですので当然信用情報が残ることになります。
また、返済が遅れ利用不可能になってしまうと信用情報に傷が付いてしまい、それ以降の借入れに影響が出ることになってしまいます。
一方、現金化の場合にはそもそも借入れではないので信用情報が残ることはありません。

 

2点目は、周りの人間にバレるかどうかという部分です。
消費者金融の場合、貸金業者にかなり細かい個人情報を伝えなければならず、尚且つ職場への電話連絡も行われるため、
家族をはじめとして周りの人間にはまず間違いなくバレてしまいます。
一方、現金化の場合にはほとんど個人場を知られることはありませんし、もちろん職場への連絡もありません。
ですから、家族や友人、同僚などに現金化をしていることがバレることはほとんどありません。
以上の2点に限定すれば、現金化の方が優れていると言って間違いないでしょう。

 

このページの先頭へ戻る