現金化は法人は事業資金を得るため、個人はキャッシング枠の不足を補うために利用します。

ネットでクレジットカード現金化を行う人
【現金化基礎知識まとめ】使う目的やメリットを詳しくリサーチ!
クレジットカードの現金化は非常に便利な資金調達の方法で、様々な目的に利用することができます。個人が急な出費やまとまった買い物のために使うこともできますし、法人が事業資金確保のために使うこともできます。

「現金化」を使う目的とは

資金調達に困ったときに頼りになる存在、それが「現金化」です。
現金化を利用すれば、個人・法人を問わず簡単に資金調達を行うことができます。
ただ、一口に資金調達と言ってもその用途は様々です。
そこで、本ページではまず現金化を使う目的というテーマについて取り上げていきたいと思います。

 

商品券を現金化して事業資金を得る

商品券での現金化イメージ

現金化には様々な方法がありますが、その内の一つに、クレジットカードで商品券などの金券を購入し、それを金券ショップに売却して現金化するという方法があります。
この方法を使えば、通常は百貨店や書店などでしか使えない商品券を現金に換えることができます。
売却する金券の多くは商品券ですが、その他にも図書カードや旅行券、ビール券、お米券、ギフトカードなどを活用することもできます。

 

この方法で現金化を行っているのは基本的には個人です。

POINT
しかし最近では、法人がこの方法を使って資金調達をするケースが増えてきました。

法人が商品券を売却して現金化を行う場合には、経費で商品券を大量に購入し、それを金券ショップで売却するという方法が取られます。
また、中には経費で購入した商品券をオークションに出品してまとめて売却するという方法を取る会社もあります。

 

ただどちらの方法でも、買取価格(または売却価格)が本来の券面よりも高くなるということは基本的にありません。
ほとんどのケースで、券面の94~95%程度の価格で売却することになります。

 

商品券を現金化することで事業資金を得るという方法には、次のようなメリットがあります。

返済義務がない

これは言うまでもありませんが、現金化は借入れではありません。
法人カードを使って商品券を購入し、それを売却して事業資金を調達しているだけです。
ですので、必然的に返済義務が生じるということもありません。

審査がない

法人が借入れを行う際によく利用されるのが銀行とノンバンクですが、この両者には審査という壁があります。
融資を申し込んでも、審査に通らなければ貸出しを受けることはできません。
一方、現金化であれば審査を経ることなく事業資金を得ることができます。

 

 

キャッシング枠が尽きた時に利用する

クレジットカードのショッピング枠を利用する

皆さんご存知のように、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。
両者はそれぞれに異なる目的のために設けられていて、どちらにも限度額が設定されています。
この内、現金化に使えるのはショッピング枠の方なのですが、このショッピング枠を使った現金化はキャッシング枠の不足を補うために使われることがあります。
分かりやすく言うと、キャッシング枠が尽きた時に現金化を行うことで自由に使えるお金を増やすということです。

 

キャッシング枠の利用限度額は、初期の段階では10万~20万円程度に設定されています。
そしてこの額は増額することができ、30万円程度までは比較的簡単に増やすことができます。
しかし、それ以降は増額のハードルが上がり、一定以上の収入や良好な返済実績といった要素がなければ増えなくなります。

 

その一方で、ショッピング枠の現金化は非常に簡単に行うことができ、簡単に使途の自由な現金を手に入れることが出来ます。
そのため、現金化はキャッシング枠が尽きた時の一種の代替手段としても使われることになるのです。
キャッシング枠の利用限度額を増やすよりも、ショッピング枠の現金化を行う方が手っ取り早い方法なのです。

 

関連ページ:現金化業者は摘発はされないの?

 

夜中にお金が欲しい時に利用する

夜中に緊急で現金が必要なとき

消費者金融やカードローンなど、キャッシングの方法は年々便利になっています。
しかし、いくら便利になったとは言っても、必要な時にいつでもお金を借りられるというわけではありません。
例えば、夜中にどうしてもお金が必要になってキャッシングを利用しようと思っても、そうした時間帯に営業しているキャッシングサービスは決して多くありません。
ですが、同じお金を調達する方法でも、現金化であれば夜中に現金を受け取ることは難しくありません。
現金化業者の多くが現在では24時間営業を行っているため、夜中に限らずどの時間帯であっても現金化を行うことができるのです。

 

また、かつてのように平日のみの営業ではなく、年中無休で営業している現金化業者も増えてきています。
ですので、現在では多くの現金化業者が24時間年中無休で営業しているということになります。
ただ、中には「24時間営業」や「年中無休」と謳っておきながら実際にはそうではない業者もあります。
そうした業者は悪徳業者である可能性が高いため、十分に注意しなければなりません。

 

関連ページ:24時間振込できるように

 

なお、冒頭で「返済義務が発生しない」とご説明しましたが、こちらはあくまでクレジットカード現金化業者に対してという意味であり、当然クレジットカード会社から利用分の請求は行われます。換金額の1~2割が手数料として発生しますので、利用しないに越したことはございません。
必ず「どうしても足りない…」というケースの時にだけ利用するようにしてください。
さらに、悪徳業者に騙されないよう事前に業者のサービス内容をチェックすることも怠ってはいけません。

 

 

参考サイトはこちら
クレジットカード現金化優良店まとめ

 

 

優良業者と上手に付き合いつつ、賢く利用するように心掛けましょう。

このページの先頭へ戻る